bottom

HOME > Skype(スカイプ)口述模試

Skype(スカイプ)口述模試

Skype(スカイプ)口述模試スタート!

Skype(スカイプ)口述模試の概要

講座内容

Skypeを利用した口述模試 ( 特実・意匠・商標 各10分)

◆各科目の模試終了後に口頭での講評やアドバイスがあります。
◆口述模試終了後、問題・解答例・アドバイスや添削などのコメントを記載したファイルと、評価を記載した講評シートをメールで送付します。
何度でも受講頂けます。(毎回違う問題を出題します。)

 ※ご希望に応じて特許のみ3回などのアレンジ可能です。
   お申し込み時にその旨ご連絡下さい。
 ※準備や評価・コメントの時間も含め1時間みておいて下さい。
 ※原則として主査1名でのマンツーマンによる試験を行います。
   日程によっては主査・副査の2名で対応させて頂くこともあります。

日時

平日夜間、土日祝日に開催(完全予約制)
 ※原則として3日前までに申し込みが必要。
  ただし、メールのやり取りが間に合えば前日でも可能。
日程表はこちら

場所

Skypeを利用するため、自宅などパソコン(スマホやタブレットでも可)が使用できる環境で受講

受講料

 1回:4,800円
 4回:18,000円
  (税込・前払・銀行振込)

 <振込口座>
 ジャパンネット銀行 すずめ支店
 普通口座 2730425
 (口座名義)キタジュク

申込方法

右下の「申し込み」ボタンからお申し込み下さい。
申し込みの際、下記の日程表で「予約受付中」となっている日程からご希望の日程(第1~第2希望まで)を選択してください。

 ※Hotmailのアドレスには返信メールが届かないことがあります。
   他のメールアドレスを記載下さい。

 ※24時間以内に担当者からメールで確定日を連絡します。
 ※先着順ですので、第2希望の日程になる可能性があります。

口述模試受講までの流れ

受講方法

Skypeを利用できる環境が必要です。

申込時にSkypeのアカウント(Skype名)を入力下さい。
メールにて日時を最終確認後、当日は北塾からビデオ通話で発信しますので、Skypeにログインした状態で待機頂くようお願いします。
普段Skypeを使用されていない方は、事前の接続確認を行うことができますので、申込時に「Skype事前接続確認」の欄で「希望する」を選択下さい。

口述模試受講までの流れ

Skype
利用環境

グループビデオ通話を使用することもあるため、Skypeのバージョンは最新のものにアップデートしておいて下さい。
※Webカメラ、マイクは必須です。(音声のみの受講はできません)

Skype用Webカメラ・ヘッドセット等の紹介はこちら

キャンセル
について

申込後にご都合が悪くなった場合は、2日前までにご連絡頂ければ別の日程に変更できます。 前日・当日の日程変更および入金後のキャンセルはできません。
また、当日にご都合がつかずSkype口述模試が実施出来なかった場合については返金できませんので、ご了承下さい。

その他

こちらによくある質問をまとめております。
   →よくある質問のページへ

申し込み

枠

Skype(スカイプ)口述模試の概要

論文合格発表後(前半)

日程表 9:00~ 10:00~ 21:00~ 22:00~ 23:00~
9月28日 (土) 受付終了 受付終了 受付終了 受付終了 受付終了
9月29日 (日) 受付終了 受付終了 受付終了 受付終了 受付終了
9月30日 (月) - - 受付終了 受付終了 受付終了
10月1日 (火) - - 受付終了 受付終了 受付終了
10月2日 (水) - - 受付終了 受付終了 受付終了
10月3日 (木) - - 受付終了 受付終了 受付終了
10月4日 (金) - - 受付終了 受付終了 受付終了
10月5日 (土) 受付終了 受付終了 受付終了 受付終了 受付終了
10月6日 (日) 受付終了 受付終了 受付終了 受付終了 受付終了
10月7日 (月) - - 受付終了 受付終了 受付終了
10月8日 (火) - - 受付終了 受付終了 受付終了
10月9日 (水) - - 受付終了 受付終了 受付終了
10月10日 (木) - - 受付終了 受付終了 受付終了

論文合格発表後(後半)

日程表 9:00~ 10:00~ 21:00~ 22:00~ 23:00~
10月11日 (金) - - 受付終了 受付終了 受付終了
10月12日 (土) 受付終了 受付終了 受付終了 受付終了 受付終了
10月13日 (日) 受付終了 受付終了 受付終了 受付終了 受付終了
10月14日 (月) 受付終了 受付終了 受付終了 受付終了 受付終了
10月15日 (火) - - 受付終了 受付終了 受付終了
10月16日 (水) - - 受付終了 受付終了 受付終了
10月17日 (木) - - 受付終了 受付終了 受付終了
10月18日 (金) - - 受付終了 受付終了 受付終了
10月19日 (土) 受付終了 受付終了 受付終了 受付終了 受付終了
10月20日 (日) 受付終了 受付終了 受付終了 受付終了 受付終了
10月21日 (月) - - 受付終了 受付終了 受付終了
10月22日 (火) - - 受付終了 受付終了 受付終了

  空き状況は10/22  23:00時点

申し込み

枠

受講生の声

Oさん(海外在住 女性)

海外在住のため、口述試験の練習機会がなく、途方に暮れていたところ、ネットサーフィンで北塾さんのSkype口述模試を知りました。

まだ二回しか受講していませんが、内容にはとても満足しています。
模試では、条文の言い間違いや、理解の不十分な箇所については厳しく突っ込んでもらえるので、緊張感を持って臨むことができます。

また、問題の解説・講評も、丁寧かつスピーディにしてもらえるので、復習に役立っています。

昨年口述落ちした者だからこそ、論文の合格発表後に慌てて模試を受けまくっても間に合わないことは、よくわかっています。
できるだけ早期に、自分で勉強を始めると同時に、模試形式で場数を踏んでいくことが、実力をスパイラルアップし、合格可能性を高めるには有効だと思います。

これからも、週二回位のペースで、受講を続けていこうと思います。

Wさん(男性)

たった1時間の 口述練習のために 移動時間が往復2時間とか時間がもったいないのでスカイプは助かります。

夜遅くに練習ができるため、会社が遅くても大丈夫ですし、出張先からもアクセスできるのも便利です。 (難点は通信回線状況が悪いと・・ 止まります。)

評価シートももらえるし、アドバイスもじっくりもらえるので、流れ作業で行われる普通の模試よりも丁寧だと感じました。

Sさん(埼玉県 20代男性)

私は昨年口述試験に不合格となってしまい、他の予備校のゼミにも通っているのですが、このスカイプ口述模試はとても役に立っています。
仕事で遅くなることが多いので平日の夜遅くに練習できるのが非常に助かりますし、2人の先生に見られながらやるのは生ではないとはいえ、結構緊張感がでます。

スカイプを使ったことがなかったので、最初は少し戸惑いましたがスカイプの使い方も北塾の先生に教えてもらいながらやってみると意外と簡単でした。

これからも定期的に受験することで、この模試を目標にして勉強するモチベーションを保とうと思います。

(北塾注記:日程によっては主査副査の2名で対応しておりますが、1名での対応となることもあります。また、Skypeの使い方について、慣れておられない方に対しては最初に簡単な操作説明をさせて頂いています。)

Y.Sさん(愛知県 女性)

少しでも多く口述試験の経験を積みたくて利用させて頂きました。
最初は場数を踏むことが目的でしたが、自分では気付かない癖なども直してもらうことができて本当に感謝しています。

M.Iさん(静岡県 30代男性)

地方ではなかなか口述の練習機会がなく困っていたところ、北塾さんをネットの検索でたまたま見つけて申し込んでみました。
正直聞いたことのない塾だったので不安はあったのですが、とても丁寧に教えてくださり答え方についてまで細かくご指導頂けたので申し込んでよかったです。
あとは論文試験に合格してるといいのですが・・・

申し込み

枠

受験生へのメッセージ

今年論文試験を受験した皆さまへ

できたと思っている方も、できなかったと思っている方も口述試験の勉強を一日でも早く始めましょう!

昨今の口述試験は中途半端な準備で合格できるほど甘くはありません

10月の口述試験本番に向け、まずは口頭でアウトプットすることの難しさを実感し、そして現時点での自分の状況を認識しましょう。

思っているよりもできないかもしれません。

もしかしたら意外とすらすら言えるのかもしれません。

まずは、やってみないことにはわかりませんので、とりあえずSkype口述模試を受けてみましょう!

いま、口述模試を一度受けてから口述の勉強を進めるのと、一度も口述模試を受けないで口述の勉強を始めるのでは結果が大きく変わります。

最終目標がどんなものか、そして、それに対する自分の現状は?という点を把握しないままでは危険です。

今や3人に1人は落ちるという口述試験に確実に合格するためには、いまからアウトプットの練習をしていくべきです。

一度Skype口述模試を受験して、自分の実力を試してください!

その後はペースメーカーにするもよし、勉強の成果の確認に利用するのもよし、最大限に活用してください

論文の発表後に初めて口述模試を受ける人より遥かに優位に立てますよ。

申し込み

枠

pagetop